上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超簡単!体を鍛える筋トレ方法&体幹トレーニング

超簡単!体を鍛える筋トレ方法&体幹トレーニング

動画で見る体幹トレーニング方法をご紹介。

今回は腹斜筋・腹横筋を鍛え方です。

⇒ http://youtu.be/3ROMKTFHtzc

▼種目解説
ツイストクランチにドローインを意識した動作を加えた体幹トレーニングです。

動作としては、背中を床から浮かして、腰をひねるようにします。腰を浮かして体全体が起きてしまわないように注意しましょう。

肘の膝へのタッチは、個々人の柔軟性や筋力の問題で付かない場合もあるかもしれません。その場合は、腰が十分にひねれていれば付かなくても大丈夫です。

肘を膝に出来るだけ近づけるよう意識してみましょう。

使われる筋肉は、右側にひねった場合(左肘が右膝に触れる)、左側の外腹斜筋と右側の内腹斜筋となります。


◆動作解説
【1】 仰向けになり、左手を頭の後ろに添える。右手は体の横に伸ばしておく。右脚を膝と股関節が90度になるように上げる。

【2】 息を吐きながら、お腹をへこませ上体を起こしながら右側にひねる。

【3】 起こしたところで5~10秒キープ。(キープが難しい場合はできる範囲でキープすればOK)

【4】 元の姿勢に戻りながら、息を吸う。

以降、同様に繰り返し、所定の回数終わったら、逆側も同様に行う。

◆ポイント
◎ 慣れないうちは、腰のひねりよりも肘を膝に付けることを意識してしまいがちです。このトレーニングは、腰のひねりが最も重要な動作です。

肘の膝へのタッチ(または近づける)は、腰をひねった最後の一押し(ギュッと収縮)をサポートする動作の一つであることを意識しましょう。


◆目標回数
左右各5~10回×1~2セット



【腹斜筋・腹横筋ストレッチング体操】※抜粋

⇒ http://www.nmnweb.net/exercise/fukuoukin.html

3つの筋肉群は後ろ側にある脊柱起立筋群や腹直筋と協同して背骨を支え起立姿勢を作っています。

しかし筋肉の柔軟性に左右差が生じてしまうと自分では真っ直ぐ立っているつもりが無意識のうちに体が傾いていたり、捻じれている姿勢になってしまうこともあります。

その結果、片側の筋肉に負担が掛かり片側のコリや痛みの原因にもなるのです。

そういった柔軟性の原因を解消するのにこのトレーニングは効果が期待できます。



ファイアフライバスケットクラブ
http://homepage3.nifty.com/firefly_bbc/
[ 2013/11/04 20:00 ] 体を鍛える方法 | TB(0) | CM(0)

自分に負けるな!メンタルの重要性

メンタルは私たち大人でもなかなか鍛えられるのは難しいです。

肝心なのは「気持ちの切り替え方」。

指導者にできることといえば、どう切り替えをすればいいのかという方法を実践を交えて教えることしかできません。

ただ、この方法もなかなか難しく、いつも頭を抱えています。

素直に指導者の言うことを信じて聞く子どもたちです。

一つ間違えればそのまま信じてしまいます。

それが吉と出るか凶と出るかは指導者の伝え方しだい。

ダメなのは選手じゃない。

よく試合の負けを選手のせいにする指導者が見受けられます。

それは間違ってると私は思います。

これまでの練習の指示は指導者が行い、試合の采配も指導者がやります。

その指導に素直に聞いて練習を行うのが選手です。

指導者の指示どおり選手は動いています。

だから負けの敗因はおおむね指導者になると思っています。

もちろん熱心にきちんと教えているのに、やる気が無い練習態度等していたら、それは選手の責任です。

でもたいがい前者だと思います。

となると、試合に勝つ結果になるのは選手の努力です。

そこには当然指導者の采配力や指導力も関わってくると思いますが、指導者の指示どおり頑張って練習してきた選手たちのおかげで勝利という二文字がついてくると思っています。

その上で重要となるのが、「やる気」というメンタル面が重要となってくるのです。

私はどんなに素晴らしい指導者でも「やる気」を教えることはできないと思っています。

でも、「やる気」にさせる方法を伝えることはできると思います。

それがメンタルを強化させる最大のポイントだと思っています。


10/14(http://fireflybbc.blog111.fc2.com/blog-entry-924.html)に書かせてもらった記事に登場した選手のことを個人の日記に残しました。

私自身、この選手との出会いが大きなものだったので、出会いから引退までの出来事を残してみました。

大きく変わる様子を見てほしいなと思って、実体験を公開します。

よろしければ参考にして下さい。


★OKUの独り言【自分に負けるな!~愛ちゃんとの出会い~#1】
http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/fireflybbc/?Y=2011&M=6&D=28



ファイアフライバスケットクラブ
http://homepage3.nifty.com/firefly_bbc/
[ 2013/11/03 16:32 ] 指導論 | TB(0) | CM(0)

超簡単!体を鍛える筋トレ方法&体幹とは

超簡単!立ったままできる背筋を鍛える筋トレ方法をご紹介♪

背中をまっすぐにしたままがポイントです。

⇒ http://youtu.be/JS5C5-Jn3f4



現在「体幹を鍛える」スポーツ選手が増えてきてると思います。

そもそも『体幹ってなにさ?』って思う方がいるかもしれませんので(この私(^_^;))、説明しておきましょう。

簡単に言うと、

体を支える最も大事な筋肉のこと。胸筋、背筋、腹筋、太腿などを指します。

体幹を鍛えるというと、胴体、具体的には腹筋、背筋を鍛えるということになります。
広義の骨格筋のうち体幹に属する筋肉を総称して体幹筋と呼ぶそうで、後体幹筋と前体幹筋とに分かれるそうです。つまり背筋群と腹筋群ということです。

上肢(腕)、下肢(脚)に属する筋肉は、その体幹筋に対し体肢筋と呼ばれます。

体幹は胴体の曲げ伸ばしのほか、姿勢を保ち、体全体のバランスをとる役割を担っています。
歩いたり走ったり、飛んだり跳ねたりする動的な状態でも体のバランスがとれるのは、体幹の筋肉が作用して姿勢を安定させているからなのです。

『体幹を鍛える=腹筋と背筋だけをやればいい』と考えて激しくトレーニングをすると、腰痛になる場合もあります。大切なのは柔軟性があって、バランスのいい体幹を作ること。そのために意識してほしいのが、骨盤の安定です。

「長友選手のトレーニングのポイントは3つあります。1つめは柔軟性です。筋肉に柔軟性をもたせることで疲労しにくく、ケガの予防にもなります。そして2つ目はバランスです。身体の軸をブレないようにするためには、安定した体幹が必要です。腹筋・背筋だけでなく、お腹の横の筋肉など、バランスよく鍛えることがポイントになります。そして3つ目は瞬発力。腹筋と足を引き上げる筋力を連動させることで、瞬発力が生まれます」

すべて抜粋。

是非参考にして下さい。

[ 2013/10/22 07:30 ] 体を鍛える方法 | トラックバック(-) | CM(0)

自分に負けるな!メンタルの重要性

ちょっとメンタルとはかけ離れてしまうかもしれませんが、
自分自身がメンタルの重要性を教える前に心がけていることがあります。

まず1つ目は「選手の目線にたつこと」。

私は常に選手たちと同じ目線、要するに自分も選手と同じように、
練習や試合に一緒に参加してるイメージを持つようにしています。

そして2つ目は「子どもたちの心の中に入る」ということ。

もしかしたら「ん?」って思うかもしれませんが、これによって不思議と洞察力がアップします。

私は練習の中で選手たちの表情やプレイでその子の心理状態がわかります。
上の2点のことを常に心がけていたら自然とわかるようになってきました。

選手としてやってこられた方たちだったらわかりますよね?

「どんな時が苦しかったか」、「どこを乗り越えなければいけないのか」とか…

逆に「仲間と一緒に頑張ってきた楽しさ」や「勝った時の喜び」、「負けた悔しさ」など。

その経験をどうプラスにして選手たちに伝えられるかが重要だと思っています。

ただ自分の経験を押し付けるんじゃなく、なぜそうなのかの「根拠」と「結果」を示せば
納得せざる得ないのです。

指導者の中に見られるのが、教えてもいないことを「感情で怒る」人がいます。
それはまったくの無意味。
選手に絶対伝わらない。
むしろ逆効果。

なぜか?「根拠」と「結果」がないからです。

なぜその練習が必要なのか、どんな場面でその練習が活かされるのかという「根拠」を
教えて練習をして、その練習の成果が出れば選手は納得するのです。

それを教えていくことにより、選手との信頼関係が生まれてきます。

ここが「スタート」になります。

私は子どもたちを小学生や中学生とか高校生と思ってません。
一人の「同じプレイヤー」として見ています。
じゃないと子どもたちの心の中に入れないから。
その子のキモチがわからないから。

それに一度も「教えてやってる」という気持ちをもったことはありません。
私は子どもたちが来てくれるから指導ができる。
保護者の協力のおかげでチーム運営ができる。

その感謝の気持ちでいっぱいです。

指導者はそこを履き違えてはいけないと思っています。
それは子どもたちにも伝わります。
純粋だから。

無償な愛情で指導すると、必然的に選手たちにもそれが伝わります。

特にメンタルを教える場合は、上記のことは前提だと思っています。

「ほらね」というものがないと納得出来ないですよね?私たち大人でも。

なので、「同じ目線」で立ち、「根拠」と「結果」を伝えてみて下さい。
きっと子どもたちの心が少し変わるかもしれませんよ。
[ 2013/10/21 01:31 ] 指導論 | TB(0) | CM(0)

今日のありがとう♪~感謝のキモチ~

昨日の練習のとき、先日行われた試合のDVDを保護者の方にいただいたのですが、我が家のレコーダーが古くて見れなかったので空のDVDを渡したら、練習中にコピーをしてくれ、練習後にそのDVDをいただきました!

お忙しいのにわざわざありがとうございました!
お手数をおかけしました。

でも、本当に嬉しかったです♪

感謝です。
[ 2013/10/18 20:37 ] 今日のありがとう♪ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。